×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【島根県飯石郡飯南町】塩ヶ口鉱泉(頓原温泉泉源)
2008年1月4日、見学のみ
 
 
頓原温泉 リフレッシュセンター頓原ラムネ温泉」に入ったあと、管理人のおっちゃんに色々と話を聞き、頓原温泉の泉源を見に行く事にしました。
 
おっちゃんに詳しい場所を聞き、「道路沿いに1.5kmほど進んでいると川の所に小さい小屋がある」という情報を頼りに進んでいったのですが、進めど進めど小屋らしきものは見えず、道もどんどん細くなる…
道路端には除雪された雪がこんもりと盛られていてよく見えません。
そこへちょうど雪かきをしていた第一村人のおじいちゃんを発見。見慣れない広島ナンバーの車が近づいてきて怪訝そうな顔をするおじいちゃんに、改めて詳しい場所を聞きなおし、「数百メートル戻って、腰くらいまでの低い塀の○○さん家の裏から湧いている」という詳しい情報をゲット。ようやく発見することができました。
 
 
雪がどっさりと積もってて、どこまでが道なんだか川なんだか溝なんだか全く分からず、かな〜り身の危険を感じる状況でしたが、頑張って恐る恐る近づいてみることに。
 
てっきり小屋の中で湧いているのだと思って近づくと、小屋の手前に「地盤沈下で飛び出したマンホール」みたいなものがあり、その蓋の上にはコップが置いてある。。。
蓋を開けて見ると…ゴボゴボと温泉が湧き出ておりました☆
湧き出したての、まだまだきれいな無色透明な源泉を眺めていると、とっても幸せな気分になれたのでした〜♪
 
それにしても…
小屋の中がとっても気になりますなぁ。。。
 
そばには源泉溜まりと思われる赤茶色に変色した場所が。
 
雪を投げてみたところ、かな〜〜〜りじゅぶじゅぶな感じ…
どこまでが足場かも分からないので、こちらの方は近づくのを断念しました。
 
 
 
 
トップページへ戻る     温泉一覧へ戻る     島根県の温泉一覧へ戻る