×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ温泉一覧栃木県の温泉一覧 > 古町温泉 もみじの湯
 
 
 
 古来より地域住民憩いの湯でございましたが、お客様のご要望が多く
 
 現在では広く一般に開放いたしております。
 
 【現地案内看板より】
最終入湯日 : 2009年11月20日
            
 2009年11月20日
那須で2件の施設にフラれ、、、時間が余ってしまったので急遽塩原にも行ってみることになりました。塩原は全く予定に入れてなくて何の情報も持ってなかったので、とりあえず情報収集をと思い、「塩原温泉観光協会」でナビをセット。たどり着いたのが、塩原温泉郷の中で一番賑わっている感じの古町温泉にある塩原もの語り館という所。
「まだ紅葉残ってるね〜」なんて言いながら建物の裏手を流れる箒川の対岸を見ると、ちょうど目の前に「もみじの湯」を発見\(^ ^)/
早速突撃です。
そばにかかる「紅の吊橋」を渡り、塩原もの語り館からは2〜3分で着きます。
先客は3名。湯船に浸かり中のおじさま一人、湯船の縁に座り休憩中のおばさま一人、脱衣所のいすに仰向けに寝て休憩中のおばあさま一人。バスタオルも水着も、何も身に着けてない女性と同浴になるのは初体験。ちょっぴりお年を召されているとはいえ、少々照れる。。。
そして、男性の気配を感じた相方のらは近づかず、一人で紅葉撮影に勤しんでおりました。
途中でおじさまがトイレに行きたくなったという事で、慌てて服を着て退散されました。帰り際にのらに「旦那さんと女の人しかいないから入っておいで」と声をかけていただいたらしく、しばらくしてのら参入。
脱衣所は男女共用。棚とかごがあるだけの超簡素なもの。湯船との間にも仕切りはなく、一部にすだれがかかっているだけ。
料金は維持協力金として100円を脱衣所と湯船の間に立っている細長い棒に入れます。
 
 
オーバルな形の湯船を仕切って2つの湯船を作ってあります。脱衣所から向かって右側の狭い方は1〜2人、左側の広い方は4〜5人入れる程度の大きさ。パイプから出る湯は広い方の湯船に注がれています。仕切りの右上と左下が開けてありましたが、湯船間の湯の循環はあまり上手くいってない様子。狭い方の湯は停滞気味でかなり濁って(汚れて)いました。湯温も広い方は43℃前後と少々熱め、狭い方は40℃弱くらい。
対岸には観光案内所や旅館などがあるため、目の前にはドーンと目隠しの衝立が。
川沿いの遊歩道沿いにあるため、散策中の人たちからは丸見え状態。通りすがりにおば様集団に「うわぁ〜裸の人がいるぅ〜」なんて大声で叫ばれながら黙々と浸かっておりました…遊歩道沿いにある東屋から、ゆっくり寛ぎながらこちらを眺めている人も(汗)。。。
ほぼ紅葉も終わっていましたが、なぜかもみじの湯の周りには、まだまだ紅葉が残っていましたよ^^
施 設 情 報 (2009年11月現在)
住  所 栃木県那須塩原市
電  話 0287-32-4000(塩原温泉観光協会)
営業時間 6:00〜21:00
定 休 日 無休
料  金 100円
形  態 共同浴場
浴  槽 露天風呂男女共用1
備 品 等 なし
源 泉 情 報 (2009年11月現在)
源 泉 名 掲示なし
泉  質 掲示なし
泉  温 掲示なし
湧 出 量 掲示なし
pH 掲示なし
ラ ド ン 掲示なし
成分総計 掲示なし
成分に影響を与える項目 なし
トップページへ戻る          温泉一覧へ戻る          栃木県の温泉一覧へ戻る