×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ温泉一覧栃木県の温泉一覧 > 那須湯本温泉 滝の湯
 
 
 
 地元組合員の方と、
         那須湯本温泉の民宿宿泊者のみが利用できる共同浴場
 
 
最終入湯日 : 2009年11月19日
            
 2009年11月19日
 
通常はジモ泉。一般人は那須湯本温泉の民宿に宿泊した人のみが無料で利用できる共同浴場です。ピッと開くハイテク電子キーを宿で借りての入湯です。
 
夕方5時頃訪れた時は激混みで、スルーしてもう一つの共同浴場「河原の湯」に入って宿に戻り、食事後の夜9時頃に改めて突撃。この時は終始貸切で思う存分極上湯を
堪能させていただきましたv(^^)v
脱衣所。意外と広くて、真新しい感じでとても綺麗。トイレもあり、洗面所が2基設置されていたり(ドライヤーはない)、共同浴場としては十分な設備。
 
 
湯船は2つ。入って手前の湯船が「ぬるめの湯」、奥の湯船が「熱めの湯」。「ぬるめの湯」が42℃くらい、「熱めの湯」が43℃くらいとほとんど変わりはありませんでした。白濁具合もほぼ同じ。
 
 
湯口は那須湯本の他の施設でよくあるタイプで、木の栓の抜き差しで湯量→湯温の調整をする仕組みのもの。「雲海閣」で教えてもらった事を実践しようかとも思ったのですが、おかしな事になっても困るので(小心者…)やめておきました^^;
大量の人が浸かった後のせいかもしれませんが、もう一つの共同浴場「河原の湯」よりも浴感も硫黄臭もちょいと薄い感じの湯でしたが、それでも素晴らしい
お湯でしたよ(*^^*)
 
 
 
 
 
 
洗い場にはカランなどはなし。壁に伝うパイプから出る
源泉を木桶に溜め、さらにその木桶に差し込んである
パイプから出る湯を洗面器で受け止めて使用する、と
いう仕組み。こちらの湯はかなり温めにしてあります。
この湯を使ってかけ湯に、上がり湯に、という事なんで
しょうね。
施 設 情 報 (2009年11月現在)
住  所 栃木県那須郡那須町大字湯本128-3
電  話 なし
営業時間 5:00〜23:00
定 休 日  
料  金 無料
形  態 共同浴場 (地元民と民宿宿泊者専用
浴  槽 内風呂男女別各2
備 品 等 なし
源 泉 情 報 (2009年11月現在)
源 泉 名 御所の湯 (湧出地:那須町大字湯本171番地)
泉  質 単純酸性硫黄温泉(硫化水素型)
泉  温 57.8℃
湧 出 量 記載なし
pH 2.6
ラ ド ン 記載なし
成分総計 0.927g/kg (分析年月日 平成21年2月25日)
成分に影響を与える項目 なし
トップページへ戻る          温泉一覧へ戻る          栃木県の温泉一覧へ戻る